失敗のレポートやデメリットを理解してから

東日本大震災以降は電力供給が不安定になったり、デメリットとして電気代の上昇傾向が続いてきていました。 そうした環境があって、ここ数年では自宅に無料の太陽光発電の装置を設置する人が増えてきています。 自宅に最新技術を導入する場合には、平均では高いコストが掛かることになってきます。 この状態では、対策としてソーラーパネルとその他のモジュールなどの機材を設置することになります。 このパネルとモジュールなどの機能を含めた初期費用の販売価格では、ここでは100万円をゆうに超えてしまうことが回収へのデメリットとなり多くなっています。 これを自宅に導入する際には、国や自治体などから太陽光発電で補助金が出ることになります。 しかしこれは国などからの補助金は10万円から20万円程度となることが多いです。 そのためのシステムの販売価格から補助金を差し引いても、初期費用が無料ではないのです。 これが相場で100万円前後と高額になってしまいます。 しかし、機材の導入後は自宅で使用する電気代を大幅に減らす太陽光発電の解決策が可能になってきます。 結果的に発電した電力においては、自宅で使わないものは電力会社に売電することもできるようになるからです。 そのため、家庭で使用する電気代の明細を以前よりも減らすことです。 これは初期費用を徐々にデメリットなく回収していくことがあります。 やはり、今では一番のメリットにここから繋がってきます。 なお、太陽光発電システムには、それぞれのソフトバンクなどの販売会社ごとパネルやモジュールなどがあります。 こういった装置に無料保証が付けられています。

長期スパンで太陽光発電のデメリットも比較する必要性

長期スパンで

販売会社によっては、ソーラーパネルの無料保証期間が10年以上となっている場合が多くあります。 太陽光発電のデメリットとして中にはやはり20年の期間になっているところもあります。 オリジナルの素材の良いパネルで一定の出力以上になる環境に確約する出力保証の明細を提示している販売会社もあります。 販売会社によっては、このパネルの出力保証期間を10年としているところが出ています。 太陽光パネルの出力保証が10年間あっても、10年の間にモジュールなどの部品に異常が出てしまうと初期費用の回収が難しくなってしまいます。 そこで、販売会社の中ではモジュールなどの装置においてもです。 これが無料のプランを10年間付けているところが対策として存在します。 つまり、携帯で有名なソフトバンクではこれとモジュールなどを含めたものです。 無料出力保証が10年間となっているところがメリットであります。 そして10年間の出力保証があるならば、その間の太陽光発電の故障などによる大きな出費は平均して避けられるようになってきます。 そのためのシステムを導入後に毎月の家庭で使う相場の電気代の削減を10年間続けていくことによってです。 導入のための初期費用を回収することが実現できる解決策があり、デメリットなく生まれています。

10年後は誰にもわからないというデメリット

10年後どうなる

現在、販売されている無料のソーラーパネルは、初期費用のデメリットを抑えてむかしの製品に比べると発電効率が高まっています。 その結果として、太陽光発電によって生成できる電力量を増やすことが実現されています。 以前は自宅に最新技術機能を導入しても、掛かった相場を回収するのに対策しても15年程度は掛かると一般的には言われていました。 しかし、近年では初期費用の回収期間が短くなって、10年程度で回収できると言われています。 したがって、販売会社の無料出力保証期間である10年で、この負担をほとんどを賄うことが可能な時代になりました。 なお、太陽光発電パネルなどの寿命は平均でも15年とも20年とも言われているためです。 これが導入の10年目以降もこの解決策による発電は可能となっています。 これの導入後10年目以降からは、家計収支の明細は初期費用を考慮すると無料よりもプラスに働くことになります。 ソフトバンクのような大手メーカーの機材を導入している家庭の中には20年ぐらい使い続けているところも出ているため、家計には大いにデメリットではなく逆に助かる環境になってきます。 したがって、このような今の時代は最新技術の導入は高めにあります。 結局はこのように長期で太陽光発電を使い続けることによって最初の負担以上のメリットを享受することが可能となっています。

HOME


このページの先頭へ