随時変化する補助金制度をチェックしましょう

変化する内容

補助金制度が話題にもなっていますが、日本などの先進国では、新エネルギーの開発が進められており、その中に太陽光発電があります。 このエネルギーを電気エネルギーに返還することで、効率的に電気を発生させていくことができる仕組みになっています。 大規模なものもありますが、一般家庭でも導入が進んでおりますし、ここでは設置件数も年々増加しています。 これの大きな特徴としては、余剰電力を売却できるということです。 売却した分はそのまま利益になるので、光熱費が無料になる感覚以上に、得をしています。 特に、住宅の立地状況にもよりますが、太陽が可能な限り長い間登っているような場所であれば、これは光熱費の2倍以上の電力を作り出すことができるのです。 毎月必要となっていた光熱費分だけの利益が得られるということになります。 その点では、かなり理想的なのですが、太陽光発電には設置の初期費用がかなり高いという欠点がありました。 高いものになると200万円以上するような機械もあります。 結局はそのために、たとえ利益を毎月得られたとしたも、こうして生涯で取り返せるか不安だということから、最初の方は契約者数が中々伸びませんでした。 補助金制度どころか利子がかなり低いローンを組んだとしてもです。 その家にずっと一生すみ続ける保障がない場合などには、ここでは利用が面倒で困難でした。

お住まいの自治体の補助金制度を確認しましょうト

自治体のページで

短期の10年ローンなどが一般的でしたが、現在では20年まで拡大されているプランもあります。 しかし、それでも初期費用の面から考えて、太陽光発電設置を断念している家庭が多かったです。 遡ってみれば最近では各業者が設置件数の獲得に力をいれております。 さらには地方なども協力して、初期費用の無料化プランを実行している企業が増加しています。 しかし、これは企業単体でのプランではないケースがほとんどであります。 これが地方などの補助金制度などを組み合わせた結果、実質で無料となるプランが圧倒的に多いです。 ただし、この初期費用無料のプランの対象者はかなり限定的であり、課される条件をクリアしていなければいけません。 この制度での優遇を受けることができません。 その条件として挙げられるのが、住んでいる住居が築後何年経過しているかも関係します。 その住宅にすみ続けてから何年が経過しているか、その家庭の収入状況や家族構成などが対象となるものとなっているか、などがポイントです。 また、戸建ての住宅ローンを銀行などで組んでいる場合には、一定の条件を満たすことで、これが銀行などからも補助金制度がおりる時があります。 この際には、まずローンをここでは滞納していないことが前提条件になることがほとんどです。

時期によっては補助金制度でコストが変わります

時期で損する事も

1度でも滞納歴がある場合には、対象とならないケースがあります。 また、この額などは、地域や銀行のプランなどによっても異なってくるので、完全に無料というラインまで補助金制度が達するとは限りません。 さらに、最新の装置を設置する業者によっても、当然のことながらプランが変わってきます。 最新情報から考えると、補助金制度が比較的おりやすいプランがいくつかあります。 このような業者のプランを積極的に検討することで、実質的に0円での着工ができる可能性が広がります。 最新情報では、このシステム自体の価格が低くなっている業者において、このようなプランになる可能性が高くなっています。 システムの値段が高い場合には、この対象とはならないケースがほとんどです。 もし、補助金制度を最大額まで受け取れたとしても、元々の値段が高すぎる際には、残額が大きくなるので、残りの分は自己負担となります。 ですから、設置費用自体が安価に済むような業者に委託するのが賢明です。 その点で考えると、カナディアンソーラーやソーラーフロンティアなどは効率が良く、こうした設置費用自体も安価に収まるのでが出る可能性も高くなります。 また、この2社の太陽光発電は効率は高い水準にあり、パネルの面積における単価が高いのです。 こうした毎月の利益もかなり大きくなり、設置後も十分な利益を得られる確率は高いです。

HOME


このページの先頭へ