そこまで一般家庭に浸透しない理由

一般家庭ではまだまだ

今一般家庭ではそこまで浸透していない理由として挙げられるのは全てを揃えるには実は100万以上もの初期投資がかかります。 最新技術の機器のコストの他にも工事サービスなども掛かるからです。 これらをすべてプラスしますと150万から200万ほどかかってしまいます。 しかし自治体によっては補助金などもありますのでうまく補助金をもらう事が出来れば100万程度の初期の分だけで済むのです。 大体最近の太陽光発電システムは有能になってきていますので10年も使えば売電や節電により最初の分の回収ができるのです。 100万ものお金をすぐに用意できずに、希望はあったとしても付けられない方も中にはいらっしゃいますが、これは実は最近では全部が無料でソーラーパネルを設置できるようなサービスもあるのです。 しかし、どのような理由で無料になるのでしょうか。 実はこれは有名なソーラーローンなのです。 この分割払いにより初期費用にかかる分をゼロにできます。 しかしローンですのでそのあとはどんな理由でも返済をしていかなければいけないのですが、これは実はその返済は問題なく機能ができれば負担なく返済できるのです。

失敗するには少なからず何かしら理由がある

失敗したパターン

毎月のローンの負担分をすべて売電や節電によって賄うことが理由としてできるからです。 これは売電とは自分の家で作った電気を電力会社に買い取ってもらえる制度なのです。 しかし、これは電力会社にはかなり高い価格でここでは買取りをしてもらえます。 また、ここでは太陽光を使うことによって昼間の電気代をいつもよりも安く節約できます。 この節約できた額と売電した額がローンの負担分よりも多い場合には、むしろ今までよりも家計の節約の理由になるのです。 ですので、ここでは支払いがあっても決して生活が苦しくなることがありません。 ただこれは順調に太陽光発電ができた場合のことですし、もちろん当然のことながらこれにはリスクもありますので注意しなければいけません。 これは例えば災害などが原因で機能が故障してしまうこともあります。 しかし大体の場合は保証がついています、大体費用が回収できる10年くらいまでの保障があります。 ですから、これを何らかの理由で万が一壊れてしまったとしても新しいものとすぐに取り換えてくれたりします。 無料で修理をしてくれますのでその点については大丈夫です。 ただ、嘘のようにいい加減な業者に取り付けてもらいますといけません。 機会が壊れてしまっても保証が受けられない場合がありますので、くれぐれも気を付けなければいけません。 いい加減にソーラーパネルを付けるかどうかを決めないようにしてください。

大きなローンを組む理由と契約

大型の割賦払い

ちなみにローン以外の方法で太陽光発電の初期費用を無料にできる理由はあるのでしょうか。 それはありません、割賦払い以外の方法ではイニシャルコストをゼロにする方法はありませんので気を付けてください。 分割払いを組むことについては抵抗のある方もいらっしゃるかもしれません。 確かにプランを組みますとどうしても数料がかかりますので損をするからです。 しかし銀行に貯金をしてからソーラー発電を取り付けるのが本当に正しいのでしょうか。 理由としては早くから導入すればするほど長い間電気代の節約ができます。 遅れた分だけ無駄に高い電気代を支払うことになるのです。 これから消費税もかなり高くなりますのでやはりなおさらです。 また結果としてすべて支払ってしまえばソーラー発電システムは、やはり全て自分のものになります。 これからは売電をした分に関しては自分のものになりますしさらに大きな収益にできるのです。 ちなみにこれをすべて支払えなかった場合にはどうなるのでしょうか。 この場合にはソーラー発電システムを取り上げられることになります。 大体の場合はソーラー発電システムそのものを換金できる担保にして契約をしているからです。 今多くの取り付け業者は個人のお客を獲得したいと思っています。 ですので不可もなく分割というものを提供してでもとり付けてもらいたいと思っているのです。 万が一発電量が悪くなっても確実に返済できる見込みがあるのでしたら利用してください。

HOME


このページの先頭へ